2020年05月25日

季節外れのきのこ

今は全国で新型コロナ対策のステイホーム生活だが、ここ青森県も例外ではない。

こんな中、せめてお天気が良ければ少しは気が晴れるのだが、今年の五月は気温が低く、

先日まで寒い日が続いた。

こんな天候だったからだろうか、見慣れないきのこを庭で発見した。

今頃きのこが出てくること自体珍しい。はじめはヒトヨタケの仲間かなと思ったがどうも違う。

調べてみると、「フミヅキタケ」というきのこらしい。山と渓谷社から出ている「きのこ」では、

スギナをバックにした写真で出ていた。一応「食」となっている。

解説では、「春~秋、特に春、草地、路傍、畑地などに発生。(以下略)」とある。

しかし見た目もあまりおいしそうには見えないし不安もあるので、食べるのは遠慮した。


P5220611.JPG

P5220614.JPG
posted by kumamushi at 20:56| 青森 ☁| Comment(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください