2020年06月08日

不気味な静けさ

6月に入り、青森では梅雨入り前のさわやかな季節だ。

近くの山やバイパス沿線ではニセアカシヤの花が次々と開花し、甘い香りを漂わせている。

しかし、ここで気になる点がある。何年か前からだが、こんなにニセアカシアの花が咲いているのに

虫の飛ぶ羽音がしないのである。

ニセアカシアの花といえば「アカシアの蜂蜜」が思い浮かぶが、ミツバチが花を訪れて飛び交う音が

全くしないのである。

ミツバチだけでなく、ほかの昆虫の姿もほとんど見られない。どうなっているのだろう。

農薬の影響で日本ミツバチがいなくなったということを聞いたことがあるが、本当のところはどう

なっているのだろう。


P6080652.JPG

P6080653.JPG
posted by kumamushi at 19:02| 青森 ☁| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください